注文住宅に

正しい家づくりとは何か? 注文住宅の判断基準を決める3つの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人生において、家ほど大きな買い物はありません。それだけに「とにかく、後悔するような家づくりだけはしたくない」という強い思いを、誰しも共通に持っています。
しかし、「後悔しない家づくり」を常に意識していても、不安なく家づくりの判断が出来る基準というものを見つけることは、なかなか出来ないでしょう。
家づくりを考え始めてから本などを買って自分なりに勉強しても、専門家でもないのに短い期間で正しい判断基準を持つことには限りがあります。

情報が簡単に入手出来る現在では、大量の情報が溢れています。
その家づくりの情報の多さから、「どれが正しい情報なのか、必要な情報なのか」を見極めることも困難になっていると言えるでしょう。
情報を集めることで、逆に家づくりが混乱してしまうこともあり得ます。

家づくりの判断基準

正しい家づくりの判断基準が分からなければ、「満足のいく家づくりが出来るのか? 後悔するような家づくりにならないだろうか?」という不安は消えません。
家づくりの判断基準で手にする家は、まったく変わってしまうのです。

では、正しい家づくりの判断基準をどう持てばよいのか?

そこで、満足の行く家を得るために、注文住宅を成功させる3つの秘訣をご紹介します。この3つの秘訣を知れば、注文住宅の成功へ大きな一歩となることでしょう。

正しい判断基準を持ったほうがよい理由

選ぶ家は、その人が持っている家づくりの判断基準で決まります。
当然、家づくりの基準が変われば、選ぶ家も変わります。したがって、正しい判断基準を持つことはとても重要と言えます。
今回ご紹介する「注文住宅を成功させる3つの秘訣」は、家づくりの難しい知識を深めなくとも、簡単に実践することの出来る方法です。
そして、その3つの秘訣を実践することは、正しい家づくりの判断基準を持つことにつながるのです。

  • お金の計画を立てる
  • 実物(家)を確かめる
  • 住んでいる人が満足しているか確かめる

お金の計画を立てる

お金の計画を立てる上で大切なことは、予算総額の上限を決めておくことです。そして、その予算に対して建物にかける金額を把握しておきます。あとは建物予算で手に入る家を選ぶことになります。
しかし、この予算を立てるのも、家づくりではどんな項目があって、それがどれくらいかかるのかが分っていなければ出来ません。

例えば、総額予算が3,000万円とした場合、建物予算がどれだけになるのかお分かりでしょうか?
いろいろな付帯工事、諸費用、消費税など建物以外にかかる費用は、500万円以上。したがって、建物本体にかけられる費用は2,500万円程となります。
この費用計画は、あくまで通常の場合です。敷地の状況によっては、造成だけで何百万円と費用がかかる場合もあります。
また、地盤が弱く、改良工事で100万円以上の費用がかかることもあります。

お金の計画を立てる

予算通りに家づくりの計画が進んだと思ったら、思わぬ出費となってしまえば、計画を変更せざるをえなくなります。
また建物本体の予算が少なくなり、思い描いていた家とは異なった家になってしまうかもしれません。

自己資金と借入額を合わせて予算総額の上限を決めたら、実際にかかってくる費用を予測して、建物本体にどれだけの予算を回せられるかを把握しておくことが重要です。
そうすることで、予算に見合った家がどんなものかが見えてくるはずです。

家づくりでは、まず初めにお金の計画をしっかり立てておくことを心がけてください。
借入れの返済を考慮し、無理な費用計画にならないこと、そして予算に対してどんな家が手に入るのかを把握することが、注文住宅を成功する一つの秘訣です。

実物(家)を確かめる

車を購入する際は、目の前にある実物を確かめて判断をします。しかし注文住宅は、注文してから形になりますので、無形の状態で検討を始めることになります。

よく次のようなお話を耳にします。

「住宅展示場のモデルハウスのイメージを持っていて、実際に建てられた家を見たら全然違っていてガッカリした」

もし、実際に建てられた実物を確かめず、モデルハウスのイメージで家を建てたとしたら、どうなるでしょう? きっと、悔いの残る結果になるはずです。

住宅展示場のモデルハウスの多くは、規模としても一般的な住宅よりも大きく特別仕様となっていて、現実的なものとはかけ離れた内容と言えます。多くの人にとっては、夢を膨らませる材料で終わってしまいます。
参考にすべきは、やはり実際に建てられた実物。もし、実物を確かめてガッカリしたとしたら、自分の家を頼んだ場合の結果は想像出来てしまいます。

ガッカリする注文住宅は、誰しも建てたくありません。

住宅見学検討する住宅会社については、必ず実物を確かめるべきです。完成した時にお披露目する新築完成見学会があれば、参加することで実物が確かめられます。
また、住宅会社に実物を確かめる機会を作ってもらうこともよいでしょう。

実物には、その会社の設計力、技術力などの家づくりへの姿勢が現れます。もし、確かめられる実物がないようなことがあれば、冷静に検討しなければいけません。

実物を確かめることは、注文住宅を成功するための、一番簡単で知識に関係なく実践出来る方法です。

住んでいる人が満足しているか確かめる

お金の計画をしっかり立て、実物を確かめたとしたら、あとは住んでいる人が満足をしているか確かめることです。

人それぞれ住まいに対する価値観は異なるでしょうが、実際に住んでいる人の声は本物です。どれだけ住宅会社が自画自賛したとしても、住んでいる人たちが口を揃えて「不満」と言えば、事実が異なることになります。住んでいる人皆が「満足」と言えば、よほど価値観が違わない限り満足が得られる期待が持てます。

住んでいる人の意見例えば、高気密、高断熱の性能を売りにする住宅会社はたくさんあります。その根拠は、数値で表されることになります。

この2つが揃っていれば快適な家になると言うことですが、その答えは数値を調べなくとも実際に住んでいる人に尋ねれば、すぐに分ることです。快適性を欠く家に住んでいれば、「快適です」とは言いません。

また、アフターサービスへの不安は、保証の内容をカタログで調べることよりも、住んでいる人に直接確認した方が、間違いがありません。

支払ったお金以上に提供された家に価値を感じているからこそ、満足を得られることになります。

初めて入ろうとするラーメン屋さんの出入り口から出て来るお客さんたちが、「美味しい」「美味しい」と言えば、安心して店内に入れます。逆に「もうこの店には来ない」という声が聞こえたら、別のお店を選んだ方が良いということになります。

購入者の声に勝る情報はありません。検討する住宅会社に、訪問などで購入者の声を聞く機会を作ってもらってください。実際に住んでいる人から生の声を聞くことが、注文住宅の成功を引き寄せることにつながるのです。

正しい家づくりの判断基準が、注文住宅を変える

いかがでしたか?

情報が多すぎて、何を判断基準にしたら良いのか分からないという方のための、注文住宅を成功させる3つの秘訣は次のとおりです。

  • お金の計画を立てる
  • 実物(家)を確かめる
  • 住んでいる人が満足しているか確かめる

この3つの秘訣は、注文住宅を成功させる一番の近道となります。この3つを実践すれば、まず後悔するような注文住宅になることはありません。
実践を勧める理由は、最も簡単で時間のかからない客観的で確実な方法だからです。

つまり、自分の目で実物を直接確かめ、それを購入した人たちが満足していることを知り、無理のない資金計画を確かめた上で判断出来るということです。

信頼に値しない会社であれば、住んでいる人は満足しているはずがありません。モデルハウスが立派でも、実際に造っている家が良くなければ満足は得られません。
住宅会社が高性能と言っていても、住んでいる人が快適と感じていなければ意味をなしません。無理な住宅ローンになってしまえば、その後の暮らしに影響してしまいます。

家づくりについて、多くの知識を得ておくことは大切です。
住宅会社のセールスマンから商品説明を聞くことも必要です。
家造りのこだわりを追求することも良いと思います。

その上で、客観的で最も確実な注文住宅を成功させる3つの秘訣・・・お金の計画・実物の確認・購入者の声の確認を実践してください。

3つの秘訣の実践が、正しい家づくりの判断基準をもたらせてくれるはずです。

手にする家が変わります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。