デザイン・

大切なのは家族! 注文住宅で間取りを考えるための3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

注文住宅でマイホームを建てる人が、家づくりの計画のなかで一番時間を割くことになるのは「間取り」です。

家を建てるほとんどの人は、人生で初めての経験をすることになりますので、出来る限り心残りになる家づくりにならないことを念頭に取り組みます。
しかし、いざ家づくりに取り組むと、間取りが思い通りにまとまらない悩みに直面することになります。
毎日のように、平面図面を眺めながら、「ここをこうしたらどうだ?いや、こっちの方が良いかもしれない」と悩み続け、その答えを建築会社に伝えて変更された平面図面を見て、「やっぱり、もう一つの案にしようか」と再び悩みます。

家づくりで最も悩む間取り。その理由と解決法は?

そして、何度も平面図面を変更しますが、「これで大丈夫」という安心にはなかなかつながりません。これは、とてもストレスとなります。
何度も図面を変更することは、エネルギーを使いますので、変更を重ねるごとに疲れが増し、気力の低下を招いてしまいます。
間取りがまとまる頃には、もうヘトヘト……夢に描いてきた、楽しいはずの家づくりが苦痛の中の家づくりとなってしまいます。

なぜ、間取りが思うようにまとまらないのか?

自分のなかで思うように間取りがまとまらない理由の一つとして考えられるのは、限られた広さのなかで要望を満たそうとすることにあります。

通常、注文住宅と言っても、四角い形状の家が基本となっていますので、間取りの調整も四角い形状の範囲となります。
したがって、一つを広げれば、一つが狭くなり、一つを移動すれば、他のどこかが移動することになります。

それは、四角の枠の中でパズルの組み合わせをすることと同じです。
枠を広げない限り、一つの問題を解決すると、今度は別の問題が出て来るのです。

二つ目の理由は、「将来、困ることになるのではないか」という不安が考えられます。

「収納が足りないかもしれない」
「日が入らないかもしれない」
「玄関が狭く感じるかもしれない」
「キッチンと冷蔵庫の距離があり料理がしづらいかもしれない」

など、解決しないと後悔しそうなことが不安となります。

その不安は、図面を変更して気付くことが多く、そのたびに更なる変更となり、間取りがまとまらない原因となります。

では家づくりで一番時間を割く間取りは、どう考えるのか?

そこで、変更を重ねたとしても住み心地の良い間取りを得るために、「注文住宅で間取りを考えるための3つのポイント」をご紹介します。
間取りの考えは、個々のライフスタイルに応じて異なりますが、今回ご紹介する3ポイントは、住み心地の良い間取りを考える基本となります。

間取りで満足するには

間取りの要望は、人それぞれ異なり、内容も千差万別です。
では、どんな間取りを実現した人が満足することが出来たのかを考えてみると、日常を通して住み心地の良さを感じられる間取りとなります。

  • 家族の交流を考える
  • 暮らしの中心を優先する
  • 方位にこだわり過ぎない

家族の交流を考える

家を建てる目的は何でしょう?
それは性能の優れた家を手に入れること、素敵な家を手に入れることで家づくりを終えるのではなく、家を通して家族が幸せにいられることです。
家事の動線はうまく行ったとしても、収納が多く確保出来たとしても、その先に家族みんなの笑顔と会話が存在しなければ、家を建てる最終目的を達成することは困難となります。

間取りを計画する上で、家族の交流を考えることは、もっとも高い満足度につながります。

最も大切なのは家族の存在人生を送る中で、一番の支えになるのは家族の存在です。
学校で辛いことがあっても、仕事で大変なことがあっても、人間関係で悩むことがあっても、大切な家族の笑顔や言葉に救われます。

お母さんが愛情を込めて作った料理を「おいしい、おいしい」と、子供が喜んで食べてくれている姿に幸せを感じるはずです。
子育てのことや、子供の学校生活について、夫婦で話し合う場と機会があれば、不安に感じていた気持も軽くなります。

家づくりで間取りを考え始めると、使うことに目が向けられがちですですが、一番大切なのは、家族の交流を考えることではないでしょうか。

具体的には、家族の顔が見えやすく、そして会話がしやすい、自然と家族がふれあえるために、必要以上に壁で仕切らないことです。
一つ屋根の下と言っても、目の前に壁があることで、家族の笑顔を見ることは減ってしまいます。

また、人に見られることの心配から閉鎖的な間取りになってしまうことがあります。
確かに突然の訪問で、片付けされていない家の中を見られるのは困るでしょうが、玄関まで入る人は限られているでしょうし、機会も多くはないはずです。
あまり頻度のないことの心配から、閉鎖的な間取りになることは気をつけた方が良いでしょう。

間取りを考える際は、家族の交流を意識して考えることが大切です。

暮らしの中心を優先する

間取りの構成は、4人家族の場合、

  • リビングルーム
  • ダイニングルーム
  • キッチン
  • 主寝室
  • 子供部屋
  • 浴室
  • 洗面室
  • トイレ
  • 収納

などを配置することになります。
この場合、何を優先して間取りを考えるかは、その後の暮らしに直結することになります。

間取りでは、いろんな考え方が出て来ますが、暮らしの中心となるリビングルーク、もしくはダイニングルームを中心に考えることをお勧めします。
理由は、家族が集まる場を大切にすることが、満足の続く家につながるからです。

家族の交流にもっとも適しているのは、やはりリビングルームとダイニングルームになります。
リビングルームの役割は、ソファーでくつろぐ家族の会話から生まれる団欒です。
ダイニングルームの役割は、食事を通して家族の会話を弾ませることで、人生の楽しさを得ることです。

家族の交流に最も適しているのはリビングとダイニング。たとえば、リビングルームで、お父さん、お母さんが帰りの遅い娘さんを心配して待っていたとします。
そこへ部活動で疲れた娘さんが帰って来ました。娘さんも部活動、授業の両立で悩みがあり元気がありません。

そこで、「お帰り~、おいしいご飯作ったから、いっしょに食べよう」と優しい言葉と笑顔で出迎えたとしたら、娘さんにも笑顔が生まれ、元気のなかった心も温まるでしょう。

リビングルーム、ダイニングルームは出来るだけ良い環境にして、家族が心地良くいられることで、滞在時間も長くなり、比例して会話も笑顔も多くなります。
間取りを考える際は、家族の暮らしの中心の場となるリビングルーム、ダイニングルームがより良い環境になることを優先することをお勧めします。

方位にこだわり過ぎない

間取りでは方位を考える人が大半です。一般的には南を意識した間取りとなり、南側にリビングルームやダイニングルームが配置され、残りの部屋が北側に配置されることになります。

日本で家を建てる場合、南向きにして、南側にリビングルーム、またはダイニングルームを配置することが基本となっています。
したがって、依頼をしない限り、家は南向き、南側リビングルーム、ダイニングルームでつくられます。

南を意識した家づくりとなる理由は、日当たりです。
「日当たりの良い明るい家にしたい」という要望は、家を建てるほとんどの人が望んでいます。

では、なぜ日当たりなのか?

方位を気にしすぎてしまうと間取りは・・・

アパート、マンションに言えることですが、東側、西側は隣の部屋との壁、北側は玄関で、南側以外に採光を確保することが困難なつくりとなっています。
一戸建ての家でも、南側にリビングルーム、ダイニングルームを配置することで、北側は小さな窓を設けるトイレや収納、浴室が配置されることになり、家の中は南側部分の他は暗くなりがちとなります。

また、昔の日本の家を見ると気付くことですが、窓がなかった昔の家の採光は縁側のある南側のみです。
今の家のように窓がなかった北側、西側、東側に明るさは望めなかったでしょう。
日本の家の一般的な間取り、昔の家の造りによる明るさを確保しづらい環境から、日当たりに対する意識は強まります。

しかし、今の家は、昔の窓のない家と違い、方位に関係なく窓を設けることが出来ます。
窓が多くなれば、南側でなくても採光が取れ、家の中に明るさを保つことが出来ます。

間取りを考える場合、日当たりにこだわり過ぎると、南側にリビングルーム、ダイニングルームを配置する選択しかありません。
そこで少し柔軟に考え、「南側以外でも窓があれば採光が取れ、暗くはならない」と割り切ることで、限られた広さを有効的に使うことになります。

方位にこだわらず間取りを考えることは、なかなか受け入れにくいかと思いますが、満足する間取りを手に入れる方法の一つとして採用する価値は間違いなくあります。

家族が楽しい暮らしを得られる間取りを

いかがでしたか? 建てた時だけ満足する間取りでは、愛着のある家とはなりません。
大切なことは満足が続く間取りを得ることです。
ここでもう一度、「注文住宅で間取りを考えるための3つのポイント」を紹介します。

  • 家族の交流を考える
  • 暮らしの中心を優先する
  • 方位にこだわり過ぎない

家事が楽な動線が出来ても、収納がたくさんある間取りが出来ても、家族みんなが笑顔で楽しい暮らしを得ることが出来なければ、間取りで成功したとは言えません。
間取りを考える時の3つのポイントを実践する間取りと、実践しない間取りでは、完成後の暮らしが変わることになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。