デザイン・

憧れの輸入住宅に住むために知っておきたい間取り5つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どんどん夢が膨らむ憧れの輸入住宅。しかし、輸入住宅に関する客観的な情報は、思ったほど手に入れることが出来ません。
輸入住宅に対して、なかには偏見的な情報もあります。いざ計画を進めようとすると「何をどう考えればいいのか分からない」と困ってしまう方も多いのではないでしょうか?

これでは、せっかくの夢のマイホームづくりも不安だらけになり、計画を進めることが出来なくなってしまいます。

そこでまずは、憧れの輸入住宅を手に入れる上で、ぜひとも知っておきたい間取り5つの特徴をご紹介いたします。

この5つの特徴を知ることで、憧れてきた輸入住宅の間取りの考え方を理解することが出来ます。
マイホームづくりの要望も、ぐっとまとまりやすくなり、安心して計画を進めることが出来るでしょう。憧れの家の実現に、大きく近づくことになります。

間取りの特徴とは

憧れの輸入住宅の間取りとは?

海外の映画、テレビドラマで見かける住宅の室内は、「こんな家に住んでみたい」と憧れさせる魅力があります。「もし、自分の家がこんな家になったとしたら」、と想像するだけで心がときめきます。
心ときめくような空間にするためには、輸入住宅の間取りの特徴、考え方を理解することが何と言っても重要です。

これから知っていただく5つの特徴をマイホームづくりに反映することで、手に入れるマイホームの満足度は一段とアップすることになるでしょう。

  • 間仕切りの少ないオープンプランニングで気持ちはリラックス
  • 室内空間をどうデザインするのかで居心地が変わる
  • 見え方にこだわることのメリット
  • 家族の絆が深まる
  • 役割を分けることで、楽しい空間作りが出来る

間仕切りの少ないオープンプランニングで気持ちはリラックス

限られた面積を、より広く感じるように有効的に使いたいと誰しも望みます。それを可能にするのが、「オープンプランニング」です。
リビング輸入住宅の間取りの基本的な考えとして、プライベートスペースを除いた部分は構造上必要な壁を確保した上で、間仕切り壁の少ないオープンプランニングを採用します。

間仕切り壁が少ないことで一度に見える視界の量が増え、室内に開放感が広がります。

例えばリビングと隣接する書斎やホールとの間に壁があると、感じる広さは数字上の広さと変わりはありません。
しかし、壁がなくなり隣接する部屋と空間がつながれば、一気に開放感が生まれ、数字以上の広さを感じることになります。

オープンプランニングによる室内空間の広がりが、気持ちをリラックスさせてくれるのです。

室内空間をどうデザインするのかで居心地が変わる

室内の計画を考える場合、通常は間取りで悩むことになります。それは、平面図面を見ながら「ここをもっと広くしたい」、「これは、ここに移動したい」、「これとこれは、もっと近い方が良い」といった内容です。
少しでも機能的な間取りを望むからには当然と言えるでしょう。

間取り平面図しかし、室内空間に必要なのは機能面だけではありません。実際の生活は、図面を上から見るのとは、かなり異なります。
実生活には、図面では感じることのないものがあります。それは、居心地です。
居心地が良いことは、生活を続ける上でとても重要となります。なぜかと言うと、機能的であっても居心地が悪いと楽しい生活にはならないからです。

では居心地の良い室内空間を実現するにはどうするのか?
それは輸入住宅最大の魅力であるデザインを考えることです。
すなわち室内空間に機能性を求めて平面的に考えるだけではなく、合わせて立体的に考えることが必要なのです。

居心地の良い室内空間には、楽しさ、嬉しさ、気持ち良さがあります。そして、その居心地は、室内空間をどうデザインするかで変わります。
間取りを考える場合、機能性に合わせてデザインを意識することが、満足度を高めることにつながるのです。

見え方にこだわることのメリット

「家はどう見えて、どう感じるかがとても大切です」と、実際に輸入住宅を建てた奥様から言われました。どういうことなのか?
多くの場合、家づくりの間取り計画では、広さ、使い易さが重視されます。しかし、一般的に、どう見えるのか、どう感じるのかという観点で図面を見ることは、ほとんどありません。

先の奥様も、広さ、使い易さを重視していました。しかし、実生活では、見え方、感じ方が、まず大切であると考えています。
つまり、この話しからすると実生活では、機能的なことよりも精神的なことの方が、満足度が上回るということなのです。

少し理解しづらいことかもしれませんが、実際に輸入住宅に住んでいる方から聞いた事実には違いありません。
間取りを計画する上で、機能面だけでなく見え方にこだわることが、満足する家づくりにとって不可欠と言えるでしょう。

家族の絆が深まる

家族の絆オープンプランニング、パブリックスペース、空間デザインを実現することで、家に心地良さが生まれます。心地良い場には、自然と人、家族が集まり、楽しい会話やふれあいが始まります。

家を建てる目的は、手に入れることで終える訳ではなく、その先にあるかけがえのない家族とともに過ごす楽しい時間、会話、ふれあいのある充実した人生による絆の深まり、そして幸せを得ることにあります。

輸入住宅の間取りの考え方が、家族の絆を深めることになります。

役割を分けることで、楽しい空間作りが出来る

輸入住宅は家を大きく2つの区分、「パブリックスペース」と「プライベートスペース」に分けることが基本的な考え方です。
パブリックスペースは家族、訪問者が集まり、くつろぐ空間としての役割、そしてプライベートルームは個人が一人になる空間としての役割があります。

ホームパーティー海外映画でホームパーティーのシーンを見たことはありませんか? 人が集まり、その楽しんでいる光景に、一つの憧れを感じたことがあるはずです。
人は人が集まることから喜びを得ることが出来ます。パブリックスペースの存在が、輸入住宅をより価値のあるものにします。

そうは言っても「限られた大きさで、役割を分けることなんて出来ない」という声が聞こえてきそうです。
確かに、規模の小さい家で空間を役割で分けることは困難な場合もあります。しかし、パブリックスペースの存在を意識することで友人、知人を招きやすくなる家づくりに近づくことにはなるでしょう。

心地よい空間の実現が、人を集めることにつながります。

輸入住宅の特徴・間取りを知ることで満足度アップ

いかがでしたか?

憧れの輸入住宅を手に入れる上で、ぜひとも知っておきたい間取り5つの特徴は次のとおりです。

  • 間仕切りの少ないオープンプランニングで気持ちはリラックス
  • 室内空間をどうデザインするのかで居心地が変わる
  • 見え方にこだわることのメリット
  • 家族の絆が深まる
  • 役割を分けることで、楽しい空間作りが出来る

輸入住宅に限らず、どんな家を建てる場合も、家づくりの計画で悩むのは間取りです。しかし、間取りの考え方一つで手に入れる家も変われば、満足度も大きく違ってしまいます。
今回ご紹介した輸入住宅の間取り5つの特徴、そして考え方は、一般的な家づくりの情報では伝わって来ないものです。

事実として言えることは、輸入住宅の特徴、考え方を理解した計画で建てた家は、圧倒的な満足度を得ているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。