家づくりト

家づくり始める方必見! 注文住宅で失敗しないための設計3つの要点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「人生最大の買い物を絶対に失敗したくない」、そんな意気込みで注文住宅の計画を進めたものの、住宅会社との打ち合わせを重ねても思い描いてきた家に近づくことが出来ず、悩んでいる方は少なくありません。

思い通りに計画が進まなければ、夢の実現であるはずの家づくりは、苦痛に変わってしまいます。
苦痛の中での一生の買い物は、ワクワクも楽しさも喜びも感じることが出来ません。これでは、一生の買い物は台無しです。

では、なぜワクワク、楽しさ、喜びのない家づくりになってしまうのか?

その理由は、家づくりの要である「設計」が上手く進まないことにあります。

住宅設計

通常、注文住宅の設計の依頼をする場合、家づくりの一般的な常識が基本とされます。
「出来るだけ多くの要望を出す」、「出来るだけ具体的な要望を考える」、「どんな家にしたいのか明確にする」など、「一生の買い物がゆえに、後悔のないように色んなことを細かく考えないといけない」という考え方が強くあります。

しかし、実際の設計では要望と図面の調和がなかなか出来ず、思い悩んでしまう訳です。なおかつ予算も関わり、悩みの度合いは一層増すことになります。

そこで今回、これから家づくりを始める方へ、注文住宅で失敗しないための設計3つの要点をお伝えします。
設計3つの要点は、家づくりの常識からは逸脱しているように受け取れるかもしれませんが、家づくりを成功した方々の共通項であることは間違いありません。

家づくりの常識とデメリット

  • 家づくりの常識にとらわれない
  • 要望を出し過ぎない

家づくりの常識にとらわれない

「家は3度建てないと満足出来ない」

と耳にしたことはありませんか? これは、1度目の家、2度目は不満の家になるということです。
それほど家づくりは難しいということを意味している訳ですが、ほとんどの人は家を建てる機会は人生で1度だけです。2度目、3度目を考えることなど出来ません。

どうして、一生の買い物が不満の家になってしまうのでしょうか?
それは、家づくりの常識にとらわれた考え方が、結果的に不満の家につながってしまっているのです。

~家づくりの常識~   ~デメリット~
要望は出来るだけ多く 図面がまとまりにくい
こだわることが重要 犠牲になる箇所が生まれる
自分たちの考えを一番に 専門家の意見が活きない
機能的な間取りを最優先 居心地が犠牲になる
家は南に向ける 南側以外は貧相な外観になる
外観は二の次 魅力を失った外観になる

以上は家づくりの常識の一部です。他にもたくさんの常識があることでしょう。
「一生の買い物だからこそ、後悔のないようにしたい」という思いから色んな面でベストな選択でなければいけないと考えます。
出来る限り理想の家に近づけることを考えると、当然と言えます。

家づくりの常識

南側には、ベランダと掃き出し窓があるのが常識ですが・・・

しかし、「家は3度建てないと・・・」の1度目、2度目の不満の家も、家づくりの常識に基づいた考えで取り組んだはずです。同じ経過をたどれば、同じような結果となります。

誰しも1度目の家づくりで、生涯を通して住み続けられる家を手に入れることを望んでいます。

失敗例から学ぶことも多くありますが、成功例を客観的に見て学ぶことも大切です。成功した人たちの共通点の一つは、常識にとらわれない柔軟さ、素直さです。

 

家づくりの常識を無視するということではなく、とらわれ過ぎないことが注文住宅を成功する近道の一歩なのです。

要望を出し過ぎない

一生の買い物をするからには、出来る限りの要望を実現することを望みます。また注文住宅だから、後悔のないように多くの要望を出さないといけないと考えます。

しかし、ここで忘れてはいけないことがあります。それは予算です。
予算があるからには、その範囲で要望を反映しないといけません。要望が多いとどうなるか。
無理に図面に要望を詰め込むことになり、その結果まとまりのない図面になってしまうのです。

家づくりの要望

わずかな要望で、こんな素敵な家を実現

例えば35坪の家を4LDKで考えた図面に家事室、ウォークインクローゼットを加えようとすると、各部屋が狭くなり結果として住みづらい家の図面になってしまいます。

また、要望が多いことでの支障はもう一つあります。設計に縛りが生まれ、図面の提案が影響を受けてしまうことです。

どんなことでも言えるのですが、条件が多く付くほど良い結果は出にくくなります。
スポーツで言えば、ルール改正によって競技の条件が変わり、それまで活躍していた選手が結果を出せなくなることと同じです。

わずかな要望で、こんな素敵な家を実現

注文住宅は、要望を出さないと満足出来ないと考える必要はありません。「これだけは実現したい」という家づくりのポイントとなる要望に絞ったことで、注文住宅を成功した方々はたくさんいます。

今の要望が、10年後、20年後、必ずしも「実現して良かった」と思えるかどうかは分らないのではないでしょうか?
要望を少なく抑えることも、注文住宅を成功する一つの方法と言えます。

専門家に任せる

注文住宅を建てるということは、自分の考えた要望に合わせて自由な設計が出来るということになります。まさに同じものが一つとしてないマイホームを描くことが出来ます。

このような考えから注文住宅では、依頼者の意向や要望を設計者が聞き取り、それを図面化して行くことになります。つまり依頼者の要望が最優先された設計図が書かれることになる訳です。

ここで良く考えていただきたいのです。
家づくりが初めての体験となる人の考えで造ることが、本当に満足を得られる家となるのか? 別の言い方をすれば、依頼者の要望どおりの家を造れば必ず満足につながるのか? ということです。

家づくり相談マイホームには、長年住み続けられることを望みます。30歳でマイホームを手に入れたとすると、その後50年、60年は住み続けたいのではないでしょうか。
しかし人の趣向や考えは、時間の経過や成長のなかで変わらないということはありません。10年前の自分と今の自分を比較すると、いろんなことが変わっているはずです。

家づくりの時にこだわったことも、10年後には気にもならないことになっているかもしれません。好みも変わっているかもしれません。

一番もったいないのは、その時だけの自己満足になってしまうことです。
一生の買い物としてこだわって造った家が、わずか数年で満足感を失ってしまうとしたら、あまりにももったいないことではないでしょうか。

注文住宅を依頼する際に覚えておきたいことは、自己満足を追い過ぎないこと。そしてもう一つは、家づくりの専門家にある程度は任せることです。

家づくりの専門家ということは、多くの事例に携わってきています。

専門家に任せる

誰からも評価される家をつくることが、
専門家の仕事です

色々な年代の家族の要望に応えた家を造って来ている実績があれば、依頼者の要望を考慮しながらベストの提案を導いてくれるはずです。

依頼者の要望そのままの提案と、専門家としての期待以上の提案、どちらを選ぶべきなのか。手にする家は、大きく変わります。

自己満足を追い過ぎず専門家の適切なアドバイスを尊重することは、注文住宅を成功させる一つの心得です。

誰からも評価される家をつくることが、専門家の仕事

注文住宅は、考え方一つの違いで手にするものが変わる。

注文住宅をどう考えるかは、とても重要です。依頼者の考え方一つで、手にするマイホームは大きく変わります。
上記の「設計3つの要点」は、一般論としてはあまり耳にしないことでしょう。しかし、この3つの要点を留意した家づくりをした結果、満足の続くマイホームを手に入れた方々は、たくさんいます。

もう一度、注文住宅で失敗しないための設計3つの要点をご紹介いたします。

  • 家づくりの常識にとらわれない
  • 要望を出し過ぎない
  • 専門家に任せる

設計3つの要点を意識した家づくりをすれば、未来のマイホームはより満足度の高いものとなることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。